靴の選び方

Just another WordPress site

HOME > 靴の概要

靴の概要

靴とは、履物の一種で、足を覆うように作った履物の総称。
多くは足を完全に覆うことで固定するが、サンダルのように靴底以外は紐や帯で固定するものもある。
サンダルなどの覆われる部分が少ない履物は、「靴」とはみなされないこともある。
靴は、日本では中世以降ほとんどが使われなかった。
現代では靴といえば西洋靴を意味することが多いが、日本の伝統的な靴もある。

靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。
地下足袋は足袋の範疇に含め、靴に含めないことが多い。
靴はそれ以外の履き物に比べ、覆う面が多いために足を保護する効果が高い。
靴はそれ以外の履物に比べ、通気性や足の運動性は劣り、特に足指の運動がほとんどできないものが多い。

日本では布製の靴のことを、オランダ語で布地を指す「ズック」と呼ぶこともある。
靴は身近でものであるため、靴を用いる民族では靴に関する故事、ことわざが多い。
足は時間によって大きさが変わり、最も大きくなるのが15時頃のため、靴は夕方に買うべきだと言われる。
靴のサイズは国ごとに、また男女別で表示方式がかなり異なっているため、国外の靴を買う際には注意が必要。